フォロワー

2010年5月8日土曜日

正しいものは正しい

正しいものは正しい



本日は、通算150号記念として、金城竜郎沖縄県本部参議院選挙区代表より、幸福維新の志士の気概を訴える、3回目(最終回)のメッセージをお送り致します。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜
【金城竜郎氏寄稿】
5月4日、私たち幸福実現党は、来沖した鳩山首相の行く先々で、のぼりと横断幕を持ち、普天間基地移設の早期解決、日米同盟強化、鳩山首相の即刻退陣を訴えました。

私たちの横には、革マル、労組、日教組、共産党等ののぼりを持った左翼が陣取っており、彼らから徹底的な罵詈雑言を浴びせられました。

「帰れ!帰れ!」とシュプレヒコールを浴び、若い女性党員などは肩を突き飛ばされたりもしながらも、私たちは「正しいものは正しい」と正論を訴え続けました。

その時、私たちの悪戦苦闘を遠巻きに見ていた方が、警官に「この混乱をどうにかしてください」と訴えたため、ようやく私たちと他の左翼団体との住み分けができました。

左翼団体の中には「あなた方はルール違反だ。私達と主義主張が違うのに、ここにいるのは違法だ!」などと叫ぶ人もいました。
このように、沖縄では保守系には「言論の自由」が認められないような全体主義的空気があります。

沖縄には左翼による「見えない支配」が広がっており、民主党政権が続いた「近未来の日本」の縮図が見られます。

私たちは、沖縄県民の皆様の幸福と安全に責任を負う政治団体として、沖縄の米軍基地の必要性を訴え、鳩山首相は潔く責任を取るべきだという当たり前のことを訴えているだけなのです。

あわせて、中国の大艦隊が沖縄近海を通過しようとも、中国批判を話題にすることさえはばかられるような沖縄において、少しでも県民の皆様に「安全保障」について啓蒙ができれば、と願っての行動でもあります。

今、沖縄県は全体主義的様相を呈しており、左翼団体が叫んでいるようなことと違う意見を持っていても「話す勇気」が出てきません。

私たちの行動は、そのようなサイレント・マジョリティーに対し、「勇気」を与えるよすがになったと信じております。

今後、いかなる国難が到来しようとも、自由を弾圧する国家勢力が沖縄や日本を支配しようとも、沖縄県民と日本国民を守る「最後の防波堤」「最後の抵抗勢力」となるのが幸福実現党です。

いかなる逆風にも打ち克ち、今後とも勇ましく戦い続けて参ります!

幸福実現党 金城竜郎さん
http://www.kinjou-tatsurou.hr-party.com/
☆゜・*:.。. .。.:*・゜


本日、

やない筆勝総務会長、教育評論家の森口朗氏、教育維新の会の清川ひろし氏によるシンポジウムが開催されます!
テーマ:「日教組支配」~この真実を知っていますか~


日時:5月8日(土) 受付18:30、開演19:00、閉会21:10


会場:品川健康センター〔品川区北品川3-11-22 ※京浜

急行新馬場駅北口徒歩2分〕


会場詳細:http://www.shinagawa-kenko.com/


日教組に支配された教育を根本から立て直すために、ぜひ、皆さま、お誘い合わせの上、ご参加お待ち申し上げております!!


☆゜・*:.。. .。.:*・゜
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party/



0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。