フォロワー

2010年5月1日土曜日

本日放送!ゲスト 田母神俊雄氏 「未来ビジョン」日米安保論

5・1 本日放送!ゲスト 田母神俊雄氏 「未来ビジョン」日米安保論


       

5/1 「未来ビジョン」田母神俊雄氏の

日米安保論 本日放送!!

一年前の2009年4月30日、大川隆法名誉総裁の「幸福実現党宣言」が説かれ、幸福実現党が立党しました

今、「自民党にも、民主党にも任せられない」として、幸福実現党立党より一年遅れて新党ブームが起こっていますが、余りにも行動が遅すぎます。
幸福実現党は一年早く、この政治的末期症状を見通し、「新党立ち上げ」という、新たな行動を起こすことを決定しました。
「幸福実現党宣言」が説かれ、全国で幸福維新の志士達が立ち上がったのは、日本国家に対する危機感でした。
北朝鮮からミサイルを日本海に打ち込まれても狼狽するだけの弱腰政府、財政赤字ばかり拡大させ、一向に景気回復できない無能政府、年金財政は破綻しているのに、国民を騙して年金を徴収し続ける詐欺政府……もはや、日本政府は「経営破綻」の域に達しておりました。


多くの国民も、自民党政府の無能さに憤りを感じ、自民党を見限り、民主党政府を誕生させました。幸福実現党は、民主党政権になると「亡国の選択」となることを訴えておりましたが、残念ながら、私たちの力足らずで、民主党政権の誕生を阻止することができませんでした。


その結果、鳩山内閣の支持率も発足当初は70%弱あったものの、予想通り、国家経営が破綻し、4/30の共同通信発表の内閣支持率は20.7%まで下落しています。支持率が50%下がったことになります。不支持率は前回調査比11.1ポイント増の64.4%となり、「首相を辞めるべきだ」との意見は54.4%となり、初めて50%を超えました。


民主党政権をつくり上げたのは、私たちの記憶に新しいように、マスコミによる民主党の持ち上げでした。いかに、マスコミの見識が低く、先見力が皆無であるか、今回の件でマスコミに対する国民の不信も高まりつつあります

鳩山政権の「普天間基地」の迷走によって、日米同盟は破綻の域に達しようとしています。中国艦隊が沖縄と宮古島の間を堂々と通過したことは、日米同盟の亀裂の隙を突くものでした。中国は、この隙に、沖縄の海が「中国の海」であるとの既成事実を積み重ねようとしています。

更に、一年前の状況と同じく、昨日4月30日、北朝鮮が南東部の日本海側で、短距離弾道ミサイル発射の兆候とみられる動きを示していることが分かりました。韓国の金泰栄国防相が沈没原因として、魚雷の爆発による可能性が高いと言明、韓国と北朝鮮との緊張関係が一気に高まっています。
こうした中、鳩山首相の普天間基地問題の迷走によって、日米同盟が危機に達しています。もし、日米同盟が破綻したら、どうするのか、鳩山首相はシミュレーションしているのでしょうか

仮に米軍がいなくなれば、鳩山首相は、どうやって日本を守るおつもりなのでしょうか?

米軍と同等の通常兵器を持つためには、大増税を実施し、社会保障費や公共投資を大幅に削っても、とても間に合いません。米軍の「核の傘」が無くなれば、日本は大きなリスクを負ってでも、核兵器開発も断行しなければならないでしょう。それまでのタイムラグ、どうやって日本の守りを固めるのか。鳩山首相の考えが全く見えて来ません。
今、日米安保がなぜ必要なのか?国民の皆様にも広くお伝えすべく、「日米安保は必要か?」をテーマとして、本日5月1日(土)22:30~23:00に放映される、BS11「未来ビジョン 元気出せ!ニッポン!」では、ゲストとして、田母神俊雄氏をお迎えし、「新しい危機」にいかに対処するか。大変、深い意義を持った番組となっております。ぜひ、ご覧頂きたいと思います。


関連動画です
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/4f6f26ae4a1812fa0f85185afb486c9b








幸福実現党 政調会長 黒川白雲 氏



http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/news/

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。