フォロワー

2013年1月10日木曜日

“ヤクザ国家”中国から足を洗え 

河添恵子

 

せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』より抜粋
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52932050.html


昨年はロシア、フランス、アメリカ、中国、韓国など大国や隣国が
新体制への転換期・移行期となったが、日本も年内滑り込みでその仲間入り、
「危機突破内閣」が始動している。安倍内閣を応援する一人ではあるが、
対中政策に関する発言、
「日中の互恵 関係を発展させていく意志に変わりない」は
どうしても気になる。

 

これは総理の本懐なのか、それとも自公の媚中(びちゅう)派やら
経団連、現状を考慮してのリップサー ビスなのか?

 

核保有国の中国は、軍備拡大を続けながら世界中の領土・領海を
侵犯&買収しまくり、歴史の捏造(ねつぞう)&反日キャンペーンに燃え、
得意技は模倣と偽造、先進国 に産業スパイを送り込み、サイバーテロの
技術向上に努め、資源覇権に邁進(まいしん)し、自然を破壊し、
毒食をばらまき、不衛生で、大気や河川を汚染し…
(事実を列挙していくだけで気分がめいる)。

 

そもそも、社会主義国の看板を掲げながら人民に富の分配をしようとも
せず、共産党幹部の実態といえば、汚職にまみれ巨額の不正蓄財とともに
逃亡準備を進める“経済犯罪集団”なのだ。ちなみに庶民を含め、彼らの
普遍的な価値観といえば「神様仏様」ではなく「カネ様」。


そんなトンデモ国家の片棒を長年、担いできたのが日本…。
 


世界では急速に「シノフォビア(Sinophobia)」という
表現が拡散されて いる。「シノ=中国」「フォビア=嫌悪」で、
直訳すると「中国嫌悪」。これは中国共産党への不信感、世界中に
移住や観光して協調性ゼロ、声も態度もデカイ中国人への
不快感などさまざまな意味を含む。

 

安倍晋三首相の発言「世界を俯瞰(ふかん)しながら日中関係を
考えることが大切」と、麻生太郎副総理・財務相の最初の外遊先が
ミャンマーだったことは“脱中国”政策の第一歩かなと期待しているが、
日本の経済再生・信頼回復と並行して、世界の秩序を乱すだけの
“ヤクザ国家”から足を洗い、話し合えば分かる“常識国家”との
関係強化 へと、ぜひとも舵(かじ)を切ってほしい。

 

(ノンフィクション作家)
(以上)

■ソース(産経新聞)1.10 11:04

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130110/plc13011011040011-n1.htm

 

 

いいですね。河添恵子さん、痛快な文章です。これだけハッキリと言える人は
少ないと思いいます。このような人をテレビは絶対に出さないでしょうね。

 

 支那・中国はヤクザ国家・・・・暴力団など支那の共産党からみれば
可愛いものでしょう。


北朝鮮と支那・中国共産党は世界でも最大の無法者です。
組織暴力団の比ではありません。それと対峙していかねばならない日本は
本当に気を引き締めてかからねばなりません。


反日で暴徒化 日系デパート破壊・略奪の一部始終 後編
 

 

 

反日で暴徒化 日系デパート破壊・略奪の一部始終 前編

(前日から分っていた)

 

 

こんな国は一日も早く地上から消えて欲しいものです。

 

しかし、現実にはそうはならない。


このような暴虐な国家が日本の隣にあるという現実に戦慄を覚えます。

 しかも、この国が毎年軍事力を増強させ、日本に襲い掛からんとしています。


侵略の牙を研ぎその機会を伺っている。


日本は本当に今危ない崖っぷちに立たされています。

 

 >核保有国の中国は、軍備拡大を続けながら世界中の領土・領海を
侵犯&買収しまくり、歴史の捏造(ねつぞう)&反日キャンペーンに燃え、
得意技は模倣と偽造、先進国 に産業スパイを送り込み、
サイバーテロの技術向上に努め、資源覇権に邁進(まいしん)し、
自然を破壊し、毒食をばらまき、不衛生で、大気や河川を汚染し…

 

本当の事をかいてありますね。今のマスコミにはこのような本当の事を
書く人がいない。こんな危ない国家と友好的にやれる訳がありません。
付き合わないのが一番なのです。支那中国抜きの将来像を描くことが大切です。

 

 支那・中国に朝鮮半島も加えましょう。
それ以外の国と仲良くすれば日本が貧しくなるなどと言うのは幻想です。


もう暫くすればインドは中国を人口で上回ります。


ベトナム・ミャンマー、インドネシアのような国も経済発展が著しい。

 北米もあれば南米もある。西欧も中東もアフリカだって良いでしょう。

 

別に支那大陸や朝鮮半島に拘る必要などありません。
日本の領土を奪おうとしている国と仲良くやれる筈がないのです。

 

 朝日や毎日はこの記事に対して、どんな反論を書くのでしょうか?
書ける訳がないよね。これは全て事実です。


朝日や毎日、東京新聞などは真実を伝えない。本当にろくでもない新聞です。

 

 ところで、このアホがまたその支那に行くそうです。

 

 

鳩山元首相、招かれ訪中へ…

軽率言動に懸念の声

 

 

政界を引退した鳩山元首相が訪中することが10日、分かった。


鳩山氏周辺によると、鳩山氏は中国側の招待で15日から訪中する。

 

習近平共産党総書記(国家副主席)ら最高指導部要人との会談を
要請しているが、実現するかどうかは不透明という。


北京などに18日まで滞在し、沖縄県の尖閣諸島をめぐり悪化する
日中関係の改善に寄与したいとしている。

 

ただ、日中関係が難しい状況の中での訪中に対しては、政府内から
「鳩山氏に軽率な言動があれば、安倍首相が立て直そうとしている
日中関係に悪影響を及ぼす可能性がある」(外務省筋)と
懸念する声も上がっている。

 

(2013年1月10日11時31分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130110-OYT1T00573.htm

 

 支那はしたたかです。鳩山がアホな発言をすることを期待して
呼んだのでしょう。どうしようもない男です。


もう、引っ込んでいて下さい。余計な事を言うなよ!

 

 

 

・以上、転載、させていただいた記事です

 

 

 

 

 

2013年1月3日木曜日

「『太陽に恋をして』-ガイアの霊言-」

(重要 新たな霊言の開示について)

幸福の科学グループ創始者兼総裁 大川隆法先生
「『太陽に恋をして』-ガイアの霊言-」(77分)


○この度、大川隆法総裁先生より、
霊言「『太陽に恋をして』―ガイアの霊言―」を賜りました。
主の御慈悲に心より感謝申し上げます。


○壮大な地球理念と創世記が説かれた本霊言では、
「地球生命創造の仕組み」から「主の法のスケールの大きさ」、
そして「いまの時代を生きる弟子の使命」まで、

様々な秘密が明らかになります。


本霊言を拝聴することで、この日本を神の国とし、
地球レベルの「精神革命」を成し遂げる勇気が湧き出てきます。


【開示日】
1月5日(土)~




夢の未来を開くために、年初な、凄い霊言を賜りました。

壮大な地球創世の秘密を私達が知ることのできる奇跡

素晴らしき2013年のスタートとさせていただきましょう!


2013年1月2日水曜日

◆テレビ局が大川隆法総裁の法話を放送

リバティニュースクリップ 1/2
http://www.the-liberty.com/      

岐阜放送では幸福の科学グループの番組がスタート
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5409

大川隆法・幸福の科学総裁の教えは、世界100カ国以上に広がっている。
これまでインドやネパール、ウガンダなどで行った説法は、
現地の国営テレビやラジオ局によって生中継されてきた。

日本のメディアは宗教への理解が浅く、対応が遅れ気味だが、
大川総裁の説法が地上波テレビで放送され始めたり、
幸福の科学グループの番組が始まるなど、ようやく
「世界標準」に向けて動き始めている。

大川総裁は昨年12月5日、東京国際フォーラムで開かれた
「2012エル・カンターレ祭」で、法話「地球的正義とは何か」を説き、
「どの国の歴史を見ても、政治と宗教というのは決して
分離できるものではなく、国民の危機を宗教が警告したら、それは
同時に政治の危機でもあるのです。民族の危機でもあるのです」と、
中国・北朝鮮の脅威が迫る日本の現状に警鐘を鳴らした。

この様子は、当日、全世界3500会場に衛星中継され、昨年12月22日には、
岐阜放送で放映された。また、今年に入り、以下のように、続々と
地上波の地方テレビ局で放送される予定だ。

●テレビ和歌山:1月26日(水) 10時~10時45分
●群馬テレビ:1月27日(日) 16時~16時45分
●三重テレビ放送:1月28日(月) 8時~8時55分

さらに、1月3日からは、岐阜放送で、幸福の科学グループのテレビ番組
「幸せのヒント」の放送がスタートする。放送時間は、毎週木曜日の
朝6時55分~6時59分の4分間。番組では、大川総裁の法話や幸福の科学の
教えが紹介される。
制作担当者は、「番組をご覧になった方が、幸せになるための
きっかけを届けたい。
幸福な人を増やしたいと思っています」 と話している。

先の法話「地球的正義とは何か」の中で、大川総裁は日本のマスコミに
対して、こう呼びかけた。「神や仏、霊、あの世を否定する方向に
言論を抑制するなら、中国や北朝鮮の政治体制に屈しているのと同じ。

神仏の目から、正しいかどうかを見て政策を判断し、
国の方向も判断せねばならない」

今、日本のマスコミが変わり始めている。(晴)

                                                                               【関連記事】

2012年10月13日付本欄
地上波テレビが大川隆法総裁の法話を放送
日本のメディアも「世界標準」に近づけ
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5004

◆米「財政の崖」一時回避へ 自助努力の精神を取り戻せ
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5408

アメリカで減税の打ち切りと政府の歳出削減が同時に行われる
「財政の崖」をめぐり、上院が現地時間の1日未明、減税の延長や
歳出削減の先送りなどに関する法案を可決し、下院でも同日中に
可決される見通しとなった。事実上「崖」への転落は一時回避されたが、
根本的な問題解決にはほど遠く、オバマ政権は引き続き、
厳しい政権運営を強いられる...


関連

「地球的正義とは何か」が、年末から来年1月にかけて、日本の全国各地でテレビ放送・ラジオ放送されます。

http://info.happy-science.jp/201212205420

エル・カンターレ祭大講演会「地球的正義とは何か」レポート

http://info.happy-science.jp/201212064610

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。