フォロワー

2013年12月10日火曜日

円谷プロ創立50周年 もしウルトラマンが防衛大臣に就任したら?

円谷プロ創立50周年 もしウルトラマンが

防衛大臣に就任したら?

    


2013.12.09 Liverty Webより

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7051
.

2013年も終わろうとしているが、今年は国民的ヒーロー「ウルトラマン」
を生み出した円谷プロの創立50周年だった。改めてウルトラシリーズを
見直している大人たちも、最新の「ウルトラマンギンガ」に

夢中な子供たちもいるだろう。

このウルトラマンに関連して、今、独特の設定で人気を集めている漫画がある
。『ULTRAMAN』(小学館クリエイティブ)だ。

 


[parts:eNozsDJkhAMmJjMTAyZjMwNGJgszSyPTNEsLJ/+C3BDPIBe/UBP7stSi4sz8PFtjtcTcAuuMHNusxHivACY4MDQCEhYk6YXax8SEZgrIIADJcB+c]

初代ウルトラマンが地球を去った数十年後。平和になったはずの地球に
凶悪な宇宙人の魔の手が伸びようとしていた。科学特捜隊を引退した
ハヤタ隊員は熟年となり、日本の防衛大臣を務めている。

侵略者に立ち向かうのは、ハヤタ隊員の息子・進次郎である。
彼はウルトラマンに変身はできないが、新開発の強化スーツを装着し、
二代目ウルトラマンとして地球防衛の任務に就くのだ。


こういう漫画的空想も、ある意味で現実を先取りしているところがある。

実際、アメリカ軍は、体に装着して怪力を出し、防弾能力も備えた
アイアンマンを思わせる強化スーツを開発中であることを公表している。

今ウルトラマンを見直すと、日本を防衛するための参考になる点がある。

たとえば、「ウルトラマン」第2話では、バルタン星人迎撃のため防衛軍が
核ミサイル「ハゲタカ」を使用する場面がある。これは国産の核兵器だろうか。

「非核三原則はどうした」と言いたくなるが、日本に攻めてくる圧倒的な敵に
対しては「核保有」も選択肢の一つではあろう。

また、「ウルトラセブン」に登場する地球防衛軍は、日本に最大の基地を
置くが、そこにはミサイル搭載の原子力潜水艦「ハイドランジャー」や、
戦闘機発着可能な原子力船「マックス号」がある。

これは事実上の原子力空母だ。

これらは自衛隊で採用してもよいアイデアではないか。

たとえば、中国がつくる空母部隊に対して、原子力潜水艦のトマホークで
対処すればいい。

日本が生んだヒーロー「ウルトラマン」を違った角度から
見直すと、現在の日本に必要なものが見えてくる。(賀)





【関連記事】

2013年3月号記事
自衛隊はどうやって日本を守っている - そもそモグラのそもそも解説

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5516

2012年6月20日付本欄

米海軍が原潜内部を公開 日本も保有すべき艦艇の姿

http://the-liberty.com/article.php?item_id=4453

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参考

「ウルトラマン ティガ」世界中の子供が一つになった・・ってところが感動した

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/31023f4d9be4e1556dcf11ef2e2ee061

ウルトラマン!
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/63a3ffa3d15af5e3a1ebcb6a68de1ea2

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。