フォロワー

2012年12月6日木曜日

日本脱原発なら中韓が狂喜乱舞

  

2012.12.6 08:00  産経ニュース

 

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121206/plc12120608010005-n1.htm

 

転載

 

 「脱原発」やら「卒原発」やら「原発ゼロ」やら。

この度の選挙、新旧多くの政党はいかにも耳あたりの良い
「武器を持たない平和な世の中に」と同類の非現実&無責任な
キーワードで国民をあざむき、票を獲得したいらしい。

 

 とりわけ“彗星(すいせい)のごとく
”ではなく“ホラー並みの不気味さ”で登場したのが日本未来の党。

 

デビュー以来、鳴かず飛ばずの寄せ集めグループ
(=小沢一郎代表率いる国民の生活が第一)に急遽(きゅうきょ)、
野望ギラギラな年増の女ボーカル(=嘉田由紀子滋賀県知事)が
メンバー入り、名前新たに再デビューした歌手グループみたいだ。

 

 で、日本の救世主のつもりらしいが、所詮、自然エネルギーも
新たな利権では? 電気料金は据え置きで大丈夫? ドイツでは高騰し、
国民が不満らしいけれど。さらに日本が脱原発へ舵(かじ)を切る
ことに狂喜乱舞するのは、どう考えても“反日コンビ”の中国と韓国。

 

原子力技術者の頭脳流出で最先端技術が隣国に渡ってしまえば、
それこそ国益に背く。そもそも原発の維持は「核兵器開発の可能性」を
残すためでもあり、捨てる選択など日本の未来を危機的状況に陥れる
だけなのだ。北朝鮮もまた弾道ミサイルの月内発射を予告しているが、
日米安保条約にしたって未来永劫(えいごう)の約束事ではない。


何より史上最悪の原発事故となった旧ソ連(現ウクライナ)の
チェルノブイリ原発の二の舞いの悲劇が、原発大増設に乗り出す中国、
原発強国を標榜(ひょうほう)する韓国で近い将来、起きない保証
などどこにもない。


であれば偏西風に乗って、日本列島と海域にも放射能の雨が降り注ぐ…。

 

 チェルノブイリ原発事故は隣国ポーランドにとっても
「今でも相当なトラウマ」と聞いている。

 

つまり政治家が「安心・安全な世の中」を本気でめざすのなら、

「近隣諸国に核開発NO&原発ゼロを説得」も公約に盛り込まなければ
意味がない(軍備拡大に邁進(まいしん)する隣国がOKするハズないが)。

 

いよいよ選挙戦。有権者は賢く冷静に!

 
(ノンフィクション作家) 河添恵子氏


0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。